So-net無料ブログ作成

お金持ちのタイプいろいろ [ちょっと雑学]

スポンサーリンク




そういえば、単に「お金持ちになりたい!」って言ってもいろんなタイプがありますが、皆さんはどういうタイプでお金持ちになりたいですか?

例えば、以下の感じで、一般庶民?の私らから見ればどのタイプも「お金持ち」に当てはまると思うんですが、タイプはどれも違ってまして。

この辺気付けてないか混同して漠然と「お金持ちになりたい」、「経済的に自由になりたい」と思ってる人も多いんじゃないかと。
(※私も最近ようやく区別に気付いて来た感じです。)

大まかに分類して3つ、、、っていうか他にありますか?


1、実業家タイプ

 →自分の事業(≒ビジネスからの収入)を所有することで、金持ちになったいわゆるビジネスオーナータイプ。

 自分でも働く自営業タイプの人もいれば、人やツールに任せてのんびり、セミリタイヤ状態と化してる人もいたりします。

 自分で複数の収入源を持っていて、大金持ちっぽいですが、所有する会社からの報酬を差し引くので、ぶっちゃけ給与としての収入は意外と少なかったりする場合もあります。
(※まぁクルマなどの消費材自体は、会社の経費として落とされる場合が殆どですが。)

 でもこの手の人、あまりお会いする機会ってないですね。。。

 身近だとネットワークビジネスでそこそこ収入を得てる人とかも、ここのタイプに含まれます。

 ネットビジネスでアフィリエイトや物販で成功される方もここですね。

 何人かお会いしたことがありますが、見た感じニートかフリーターにしか見えない感じの人ばかりでしたが。
 テレビで見るようなアラブの大富豪とか、ビルゲイツさんや孫正義さんあたりもここのタイプですが、このレベルになるともう、、、


2、資産家(≒投資家)タイプ

 →持っている資産(土地、不動産、債権)から入る収入(配当など)で生計を立てている人たち。

 収入自体は下手すると(大企業の)サラリーマンより少ない場合もありますけど、資産価値がそれこそ¥数千万~億単位であるので、そこからの収入で、特に雇われなくてもやってける人たち。

 アパート経営でやってるオーナー地主は会ったことがありますが、パッと見は、暇を持て余してる年金暮らしのお爺ちゃんと変わり映えないので資産家と分からなかったです。

 ガチの投資家はまだ会ったことがありません。私は。


3、外資系企業の従業員、大企業の役職者、雇われ医者や弁護士など高給取りタイプ

 →収入が多いので一見、お金持ちに見えますが、けっこう支出(消費)も激しいので、多額の借金(ローン)を抱えている人も多かったりします。

 消費で破産するタイプに一番多いです。

 収入源は給料のみという場合の方が殆どなので、ケガ、病気、リストラなんかで働けなくなったら、すぐに収入が無くなるという意味で一番危なっかしいと思うんですが、私らのイメージするお金持ちのイメージをまさに地で行く人たちって多分ここの人たちですね。

 芸能人の大多数も芸能事務所に雇われてそこからの収入って意味なんでここらです。見てくれはすごいですが、、、


さて、どこ目指します?

あと、私気付けなかっただけで、もしかすると他にもお金持ちのタイプがあると思うので、他に「お金持ち」と一般的に評されるタイプの人がいれば、どういうタイプなのか教えてください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。