So-net無料ブログ作成

いつまで謝罪せんといかんのでしょ? [思うこと]

スポンサーリンク





終戦の日本…昭和二十年 [DVD]

終戦の日本…昭和二十年 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パワースポーツピクチャーズ
  • メディア: DVD



毎年この日になると首相の談話が発表されますが、一体いつになったら謝罪しなくてよくなるんでしょ。


 中国→そもそもこいつらと戦争なんてしていない。当時は国家でなく共産ゲリラテロ集団だったので。


 韓国、北朝鮮→ナチスドイツに併合されて一緒に枢軸国側で戦っていたオーストリアと同じ扱いのはず。それなら日本と一緒にとは言わんが、諸外国に謝罪したらどうだ?



昭和20年(1945年)8月15日は、連合国(米英ソ)から大日本帝国に対して無条件に武装解除しろと要求されたのをようやく正式に受け入れることが出来た日で、厳密に「負けました」と署名して敗戦を認めることが出来たのは昭和20年(1945年)9月2日。

国際法というルールに則り、日本がアメリカを中心とした連合国との戦争状態が完全に終了したのはサンフランシスコ講和条約に署名した昭和26年(1951年)9月8日。
(※講和条約の効力が発生した昭和27年(1952年)4月28日とも解釈されます)


日本の大本営がそれこそ悪の権化のような言われ方をされますが、日本側も8月15日以前どころか沖縄や硫黄島が陥落した昭和20年6月頃から戦争を終わらせるために中立国(スイス、スウェーデン)や戦火を交えていないソ連を通じて、終戦のための手続きをしていました。

むやみやたらに死者を増やしてまで戦争を継続しようとしてないんですよ。

負けることが分かっていた上で故意に先延ばしにされアメリカによる広島、長崎に原子爆弾を落とされ罪のない何十万人の人々が亡くなり、苦しみ、人体実験の場と化し、、、更には日本の反撃能力が既にないことを分かった上で8月9日に中立条約を一方的に破棄して侵攻してからに、未だに千島列島、南樺太を不法に占拠しているソ連改めロシアは謝罪すらなし。

勝ったら謝罪せんでええのか?


そもそも、侵略するも何も戦前戦中の東アジアは、日本(大日本帝国)とタイ(シャム王国)と、日本が作ってあげた満洲帝国を除いて後は全て欧米の植民地。

現在「中国」と呼ばれる場所は、無政府内乱状態の軍閥跋扈地帯でしかなかったんだから、治安維持目的で軍隊を派遣したことまで延々何十年も侵略と言われ続けるのもたまらないですよね。

これを侵略というなら、大陸の今の主は、日本だけでなく、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ソ連(ロシア)にも謝罪を要求して頂きたいです。


書くと長くなるので今回は書きませんが、1912年~1949年まで中国にそもそも中国という国は存在せず、日本は中国(中華人民共和国)と戦争をしたのではなくて、数ある軍閥の中の1勢力でしかない蒋介石率いる北京軍閥との小競り合いと、それ以外は馬賊匪賊などの軍閥強盗団を討伐するための事変だったのですがね。


戦争によって生じた被害や悲劇、特に東南アジアの進駐先で文化摩擦に伴う反発を招いたことまでは否定はしません。
バゲロー(馬鹿野郎)、ケンペイ(憲兵)、ロームシャ(労務者)という不名誉な語彙がインドネシア語として定着してしまった事実もありますわ。

祖父母以上の世代がめちゃくちゃ辛くて悲しい経験を乗り越えて今の日本を復興させたことも良く分かりますし、風化させちゃいかん歴史の記憶だと思います。


しかしその哀しかった過去が、さも日本の自国の行為だけによってもたらされたと認識するのは如何なもんかと。

いたずらにあの戦争を賛美する気はさらさらないですが、亡国を避けるため、現代でも色褪せない諸国解放の理念、人種差別撤廃を掲げて戦ったんですから、全否定しなくてもとは思います。

終戦のエンペラー [DVD]

終戦のエンペラー [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD



終戦のエンペラー [Blu-ray]

終戦のエンペラー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: Blu-ray



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。